MENU

大手サイトは利用者が多い

誰でも名前を知っている大手の出会い系サイトなら、サイト自体は信用できるものだと思います。

 

 

しかし、サイトが信頼できるものだとしても問題は利用者です。

 

 

大手サイトは利用者が多いぶん、出会い目的以外で登録している利用者、例えば詐欺師や悪徳業者などが一般の利用者のふりをしているのです。

 

 

出会い系サイトで恋人を探す場合、こうした相手に警戒しながら、時間をかけて慎重に探すのをおススメします。

 

 

もちろん、会った相手がタイプであっても、簡単に相手のことを信頼するのはNGです。

 

 

この間、大学のサークルがきっかけで付き合った彼氏と終わってしまったのです。

 

 

さみしくなって出会い系サイトを使ったら、驚くほど数多くのメールがもらえたので、何人かとやり取りしてこの人ならいいかもと思えた方と会ってみたんです。

 

 

元恋人以上に魅力的で、元カレのことなんてどうでもよくなりました。

 

 

確率は低いものの、現実社会での知人と、出会い系で出会ってしまったという事が実際にあったそうです。

 

 

恥ずかしいですが、お互い出会いを求めていた者同士ですから大問題に発展することは無いでしょう。

 

 

でも、プロフィールにご自身の顔写真を掲載していた場合は、面白半分で登録した知り合いがいた場合、自分がサイトを利用していると噂話を広められてしまうかもしれませんよね。

 

 

あるいは、顔写真を誰かが無断で悪用したり犯罪に使う可能性もあるので、安易にサイトにアップしないように心がけましょう。

 

 

男女の別なく課金無しのシステムで使えるネットの出会い系サイトもあります。

 

 

お金がかからないのですから、ことさらサクラなども気にかけなくていいでしょう。

 

 

そうはいっても悪質な業者が個人データを引き出すためにユーザーに紛れ込んでいるケースも見られますので、警戒した方がいいでしょう。

 

 

また、課金無しの出会い系サイトは参加者が多いこともあって、常識を欠く人物との接触も無いとはいえません。

 

 

日々、仕事に追われている社会人では、異性と知り合うチャンスを増やしたくても、難しいと思う方が多いでしょう。

 

 

毎日が職場と自宅を往復する単調な生活では、出会いのチャンスを逃してしまいますから、往復の時間を活用し、出会い系サイトを介した交流を持ってみるのをおススメします。

 

 

すぐに出会える訳ではありませんが、メールだけでも気持ちに張りあいが出て、充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。

 

 

ネトゲがだいぶ浸透しているせいか、ネトゲでの連携プレイに始まって付き合うようになった男女もいるみたいです。

 

 

羨ましい限りですが、実際はそんな出会いは少ないみたいです。

 

 

仮想世界でいくら距離を詰めても、住所地が遠く離れていたら会うのにお金も時間もかかり、長続きはしないようです。

 

 

どうしてもというならネトゲもありですが、出会いサイトに比べると男女の出会いに関しては分が悪いです。

 

 

出会い系(サイト、アプリ)を利用するのは遊び感覚というイメージが一人歩きしているようです。

 

 

でも、本当は真面目に出会いを求めて利用している人の方が多くなっています。

 

 

多忙な業種の人やバリバリの理系で女性慣れしていない人などは、やはり多くなりますね。

 

 

そういう人たちはレスが遅かったり、そっけない傾向がありますが、リアルで対面すると意外ににこやかだったり、頭が良く、優しい性格の人がほとんどです。

 

 

大人の男女にとって憧れの出会いのシチュエーションといったら、バーでの出会いではないでしょうか。

 

 

バーで知り合うというと素敵な感じがしますが、実際のところ、バーでの出会いから交際に発展したようなカップルは稀です。

 

 

もし本当に、バーに素敵な異性がいたとしても、話しかけるのも難しいのが普通だと思います。

 

 

一方、出会い系サイトなら、緊張して異性に話しかけにくいという方であってもサイト上のやりとりなら、相手を見付けることが出来るでしょう。

 

 

出会い系サイトの多くはポイント換金制で、サービスの利用によってポイントを使ったり貯めたりできますが、キャッシュバッカーに気を付けましょう。

 

 

こうしたポイント換金制出会い系サイトの利用者には、交際相手や遊び相手を探してサイトを利用しているのではなく、メールや、やり取りで稼げるポイントを換金してお金を稼ぐ人がいます。

 

 

彼女たちはサイトに雇われているサクラではありませんし、不自然な返信をする機械が相手でもないので分かりづらいですが、例えばいつまでも連絡先を教えてくれず、ずるずるとメールを続けさせようとする場合は打ち切りましょう。

 

 

多くの人は出会い系サイトで本名を公開することに抵抗があるようで、実名を公表している人は珍しいですが、下の名前については本名そのままというケースは良くあるようです。

 

 

実際にサイトで知り合い、親密な関係になってくると、警戒心も薄れて本名を教えたくなる気持ちも分かります。

 

 

ですが、相手の顔も分からず本当の事を言っているのか確かめる方法も無いような相手に、こちらの個人情報を安易に公開するのはとても危険です。

 

 

例えばフェイスブックに登録している場合、公開する範囲の設定が誰でも見えるような状態だと教えた本名から特定され、思いもよらない情報が相手に渡る危険もあるでしょう。

 

 

アプリが使えるのがスマホの魅力ですが、お金がかからない出会い系のアプリに登録すれば、バスや電車の待ち時間にでも出会いを探すことが可能です。

 

 

スピーディーな入力ができないと、メッセージをやり取りするのがちょっと手間ですが、移動中にもやり取りできるのはとても便利だと思います。

 

 

使った時の感触が違いますし、複数の出会い系アプリを試した上で、自分との相性が良いものを選びましょう。

 

 

久々に会った学生時代の友人に、今の職場で出会いがないと言ったら、どういうコネでか合コンを設定してくれました。

 

 

嬉しかったです。

 

 

ただ、全体の雰囲気も和やかで楽しかったのに、番号交換も二次会もNGで、がっかりしました。

 

 

やはり二十代の体力気力はなく、勢いに乗って合コンというのが性に合わなくなってきたのかもしれません。

 

 

出会いサイトで当たりをつける方が効率が良いかなと思っています。

 

 

お酒もそんなに飲めませんし、最初からそっちの方が良かったのかもしれません。

 

 

自分のプロフィールを登録することは、出会いサイトではけして軽く見てはいけません。

 

 

知人の紹介で会うわけではないですし、メールのやりとりとプロフィールに頼らざるを得ません。

 

 

ですから、書くときは、硬くなり過ぎないのも大事ですが、原則的に丁寧に、第三者に自分という人間をわかってもらうように書くことです。

 

 

会う前から理想像を熱く語ったりすると、相手も身構えてしまうので、ほどほどにするのがコツです。

 

 

インターネット上の出会い系サイトは、それぞれサイトによって特色や特徴があります。

 

 

例えば、大手から趣味に特化した小規模のサイト、はたまた料金の違いなど、本当に多種多様なサイトがあります。

 

 

その多くが、出会いを求める人と人を繋げる場となっていますが、その中には、詐欺といえる悪徳業者による出会い系サイトもありますので、安易に利用しないようにして下さい。

 

 

これらの悪質サイトに誤って登録した場合、架空請求で法外な利用料金を請求されたり、全てがサクラでどうやっても会えずに時間やお金を無駄にしてしまう事があります。

 

 

私は何度か出会い系サイトを利用しています。

 

 

それを友人に言うと心配されることが多いのですが、経験から言ってトラブルに巻き込まれたり詐欺被害に遭ったことは無いです。

 

 

もちろん、実際に相手に会ってみるまでは個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。

 

 

信頼できそうだと感じても、用心してカフェやファミレスなど人の目があるところで待ち合わせれば安全です。

 

 

当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。

 

 

あるいは、日が落ちてから会うのも断っておきましょう。

 

 

自分の安全は自分で守らなければいけませんから、危ない場面には近づかない方が賢明ですよ。